『Gからハジマルxyz』
★Gussy!発信BLOG★

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : author by スポンサードリンク
50点

明石家さんまさんが言う「生きてるだけで丸儲け!」

本当に素晴らしい言葉だと思う。それで子供に「いまる」と名前を付けるとこもかっこいいと本当に思う。


自分も昔から仲間に言ってた言葉がある。

「生きてるだけで50点」

最高値を100点としたときに、生きてるということは、それだけで50点の幸せがあると思う。

どんな毎日でも、残りの50点は自分次第、考え方次第で100点にできる。

周りの些細な幸せに気づくこと。

そして、幸せ(100点)になるために努力すること。

それこそが、「生きる」ことであると思う。


毎日寝る前までに、100点にして寝る。

そうして過ごす毎日は、意味があり、幸せな人生を歩むことにつながると自分は思っている。

「生きてる」ということは、全てが可能。

なんでもあり、どうにでもできる。

だからこそ、残りの50点を自分で考え、感じて、動いて、100点にする必要があると思う。

その姿が「生きる」ことだと思う。


「生きてるだけで丸儲け!」だからこそ、「生きてる」今を輝かせる為に!
オモウ事 : comments(3) : trackbacks(0) : author by Gussy!
松下幸之助


一度、「道」を失いかけた経験がある。

「道」を失いかけたときに「道」をひらいてくれた人物がいる。。。


その人物とは、自分が尊敬している人の一人…「松下幸之助」さんだ。

パナソニックを一代にして築き上げた人である。

これが、我が道をひらいてくれた一冊である・・
松下幸之助 本

日ごろから皆が感じてることや思ってることを改めて言葉にしてくれたり、新しいものの捉えかたを教えてくれる、そういう本である。

昨日、久々にノックアウトした。
いろんなトラブルが自分にふりかかり、神様、自分への挑戦状か?とさえ思った。

そんなとき、久々に、この本を手にとってみた。

この本の34ページに「日々是新」という話がある。

人は年があらたまれば心もあらたまる。だけれども、年が変わっても照る火も吹く風も自然の動きは何一つ変わらない。でも、年が変われば心もあらたまり、見るもの聞くものが、みな新しい。ようは、気持ちの問題である。本気で自分を変えたいなら変えるチャンスはいつもある。年の始まりが元旦ならば、一日の始まりは朝、太陽が昇ったときである。チャンスである。昨日のミス、嫌なこともこの朝の始まりとともに、心をあらため、一日をスタートさせる。きのうはきのう。きょうはきょう。で、いいのである。きょうはまたきょうの運命がひらける。毎日が新しく、毎日が門出である。そうして過ごせば、毎日をいい日に、また大切な意味深い一日にできる。

失礼ながら、幸之助さんと自分でコラボして、上の文章は書かせて頂きました。

でも、本当にそう思うんです。

要は自分次第なんです。

今日という日は、昨日亡くなった方が、どうしても生きたかった一日なんです。

そう思うと、自分に与えられた今日この日24時間を、どう使うか、また明日をどう迎えるか・・

一日をいい日に、大切な日にしていきたいと思うんです。

「道」は、人それぞれ違う。。。

自分に与えられた「道」をどう切り開いていくのか、結局は自分なのである。。。



今回は、熱く語らせていただきました。

たま〜には、こんな一面もいいっすかね?・・だしていこうかなって思ってます。



では、後、5時間もすれば貴重な2009年9月17日の朝が始まります。。。

「日々是新」。






 














オモウ事 : comments(3) : trackbacks(0) : author by Gussy!
褒。


人に褒められるのは、慣れていないが
人を褒めるのは好き。

やっぱ、相手のいいとこ見つけたり褒めたりできるのって、かっこいい!と思う。



人を喜ばせる。

相手を想うことからハジマり、相手を笑顔にして締めくくる。

これ、マジ最高!



−人を喜ばせる−



最高の褒め方を見つけてしまった。

男女問わず、年齢問わず、オールマイティーに使える。

別に素敵なことだけを褒める必要はない。

時には誰にでもある、前から存在するホクロでもいい。



使い方はこうだ!

「あら、久しぶり!あら、なんか雰囲気変わった?」

「別になんも変わってないよ」

「うそ〜。っつか、あんたのそのホクロ、えらいモダンやん!笑」


そ、このように「モダン!笑」という言葉を用いる。

「モダン!笑」と言われて嫌な気はしない。

言われた方は、自分がワンランク上の人、又はおしゃれな人だと言われているような気にさえなってしまう。




本当に素敵だなと思ったときは素敵だと素直に言う。

「いいね!」とか「素敵!」 も、最高に「モダン!笑」な褒め方だが、

もっと日常に花を咲かせたい!


褒め言葉・・・それは、たくさんあった方がいい。

たまには、ちょっと違った言葉で人を褒めるのもいいかと。

また、それが大事だと・・・思うんです。




こんなことを、さわやかな笑顔と共に、すら〜っといっちゃう自分ってどうですか?
(誰か褒めてください。願。)

あ、自分、石田純一さんじゃないっすよ。







   




オモウ事 : comments(4) : trackbacks(0) : author by Gussy!
溜まった脂肪を落とす

ついに本腰いれてやることにした「ダイエット」。

日々、自分のお腹が裕福になっていく。
裕福した覚えはないぞ。


「あーもう、この腹ありえない!」


とかシャウトしつつ、まだどこか自分のお腹撫でながら、ぽっこりしてて「かわいい」と思ってしまう自分がいる。究極の自己愛。

でも、20代、「ここで根性みせなきゃいつみせる!」と、こぶしをきかせ、今回は本気で自分を奮いたたせた。

で、今日皆さんの前で誓います。


−「自分、痩せます。ウエスト−5cm、体重3キロ/1ヶ月」−



まずは原因をさぐらなければ・・・

原因は、わかってるんです。おそらくビールに、深夜の芋けんぴ。

ばあちゃんが教えてくれた、芋けんぴのうまさ!知ってしまった〜!


これが、裕福なお腹をつくりだしている。


「ダイエット」に関していろんな番組を見たり、人から話をきいたのをまとめて、
今回作りだした
「Gussy!オリジナルダイエットメニュー」!


朝:バナナ一本に野菜ジュース一本
昼:自由
夜:自由


自分、ダイエットなめてますかね?


いやいや、まさかこれだけじゃ・・・これだけじゃあ、ありましぇん!

ルック!
和漢箋「溜まった脂肪を落とす/和漢箋(ロート製薬)」

これ、食前に一日3回飲みます。誓。

やっぱ、薬に頼るしかなかったんす。少しでも楽に痩せようとする自分が嫌い。悔しい。
でも、腹筋だ腹筋だ!と思うのはほんの一瞬で、

現実、さっそうと薬局のコーナーうろつき始め、和漢箋を手に取り会計し、足早に家に帰る自分がここいる。−

自分にガッカリです。
でも、頼るしかなかったんす、この腹。


1ヶ月後、いい報告ができるように、マジやりやす。

もし、このダイエットが成功した暁には、

自分、脱ぎたがりになってるかもしれません!
季節はずれの海水浴、誘っちゃうかもしれません!!

でも、その時は、4649!

自分、マジFIGHT!

オモウ事 : comments(2) : trackbacks(0) : author by Gussy!
瀬中。

今振り返れば、やはり中学は青春そのものでした。

ただ、今も青春真っ盛りですけどね。ヒヒッ



「自分、瀬中。」

なんか、ブランドの服を身に着けたかのように、誇らしい自分がそこにいる。


一人一人がとりあえずやばい。

セサミストリートのメンバーを上回る。

個性という言葉で、色々乗り越えてきたというか片付けてきた仲間。

今も年2回会う仲間。

東京に名古屋に広島・・どんなに離れても帰ってくる仲間。

居酒屋に申し訳ない程、アルコールよりもしゃべりで、
歯茎が乾いた時だけ、ちょろっと水を飲む仲間。

ネタがつきない。

時間がとにかく欲しい。

あたいにもしゃべらして〜!

しゃべるタイミング逃したら最後、なかなかしゃべれない。

テーブルから上半身乗りだして、前に前に!我が我が!の仲間。


だが、『中学の頃といっちょん変わらんごとして、意外とそれぞれがかっこいい大人になってる!』



・・今、思い切り仲間を褒めてみたものの、

皆、褒められることになれてない。
褒められると、硬直してしまう。のも、また我が仲間である。



とにかく、こんしぇからしか仲間が大好きなんす。


いつか雑誌のインタビューで言いたい。

出身はどこですか?

・・・「自分、瀬中。」



オモウ事 : comments(4) : trackbacks(0) : author by Gussy!
ほくろの件

北斗の拳ではなくて、あくまで、今回のタイトルは「ほくろの件」。

昔から不思議な現象が我が身に起こっている。

人のほくろ見て、その位置を覚えると、しばらくして、そこにほくろが誕生する。

なんてこった〜

私は言える。すべてのほくろが誰から頂いたものか。

いちお、御礼は言っときます。ありがと。

さらに、人の指を借りて、どこにほくろがあるか、ほくろを見らずバスガイド並みに案内できる。

特技とはまさにこのことだと思う。



あまり、ほくろを強く見せないでほしい。

幼少の頃から暗記力には少し自信がある自分は、簡単に覚えてしまう。

こんなの朝飯前だ!

脳がフル回転!止められない!

本人も気づいてないだろう的なほくろを見つけたときには一番燃える。


ちなみに北斗の拳のケンシロウには、ほくろらしきものはまだ見あたらない・・・
でも、あくまで今回のタイトルは「ほくろの件」


皮膚科の先生が言ってた。

ほくろは触ったらだめです。成長します。


・・・
結論:ほくろは生き物です。

ようやく、ここまでたどり着きました。
この続きは、いつか学会で・・・  By Gussy!教授








オモウ事 : comments(2) : trackbacks(0) : author by Gussy!
まこっちゃん。

自慢がある。

オードリーの春日さん並みに胸を張って言いたい!
トゥース!ではなく、イェーイ!と。

私と同じ道を選んできて立派に歩んでいる人がいる。

自民党:古賀誠さんだ。

生まれた地、保育園、小学、中学、高校 ・・・すべて同じ道を歩んできた。

大学だけは、私の凡ミス。唯一、違った。
行きたくても行けない理由がそこにはあった。

成績の壁。崩してやろうかと思ったが、打ち崩せぬ程の分厚い壁だった。

そこさえクリアできていれば、今頃いい意味でヤバイ事になっていたことは間違いない。

ただただ悔やまれる。


町の人は、まこっちゃんと勝手ながら皆呼んでいる。

国を動かす、まこっちゃん。

かっこいい。

もう一度言うが、私は同じ道を歩んできた。近いものを感じる。

今日は大事な選挙。
頑張れ、まこっちゃん。
選挙権が福岡にないのが、これまた私の凡ミス。

一票をまこっちゃんのために使いたかった。

まこっちゃんと勝って喜びあいたい!

イェーイ!って。





 




オモウ事 : comments(0) : trackbacks(0) : author by Gussy!
サングラスへの熱き想い。

ブログにでている写真で、もうご紹介済みなんですが、

・・・サングラス好きです。

もしかすると、愛している。

もしかすると、タモリさんよりもサングラスをかけている時間が長いかもしれません。

サングラス暦7年半。

7年半…アルバイトでいったら、もう周りからはベテラン扱いで、時には社員より詳しかったりする。そして社員に新人教育を任され、「なんで自分が?」とか言いつつ、嬉しげに色々教える日々を送ってたりする。そして、会社からも、社員にならないかなどの話まで頂き始め、「いや、いいっすぅ」とか言いつつも、口元がゆるんでしまう。

まさにこの状態。

7年半とは、まさにこの状態。長い。

熊本の下通りで購入した青いサングラスに始まった、サングラスとの長いながーい付き合い。



サングラスは紫外線から、目を守るためにかけている。
こう言い続けた、かけている理由。


・・・
夜、かけてます。
部屋でも、たまにかけています。
コンタクト落として探しているとき、そういえばかけています。
洋服選ぶとき、もちろんかけています。・・・帰ってサングラスはずした時、買った服をみて、こんな色じゃなかった!ってなパターンよくある、ある。
(すいませんが、クーリングオフ。)

サングラスは紫外線から、目を守るた・・・ファッションです。



自分にとってサングラスとはですか?
「0に10かけるよりも、全然意味をもちます。326(笑)」


では、今、お気に入りのサングラス、TOP2です。

年から年中いつでもキマルNo.2
黒ふちGUCCIの黒ブチ。

今の季節、堂々のNo.1
ティアドロップGUCCIのティアドロップ

タモリさん、Mr.マリックに続け、自分!





オモウ事 : comments(1) : trackbacks(0) : author by Gussy!
: 1/1 :